【ジャカルタ】政府は輸入を削減する努力において、外科用マスクに対する20%の輸入税を課さしている。

その輸入税の決定は国内供給も了察する。工業省のデータによると、35.2億枚の外科用マスクは12月まで、生産される可能性がある。一方、国内需要は129.84百万の枚のみに及ぶと推定される。斯くて、33.9億枚の剰余がある。

財務省の国際関税・インター関税庁担当重役、Syarif Hidayat氏が2020年10月8日まで、2020年のPMK 149は有効となったと語った。「外科用マスクは最早免除されていなく、今、20%の輸入税を課されます。」と2020年11月26日(木)にBisnisから引用されたように、Syarif氏は述べた。

以前、外科用マスクはCOVID-19の世界的流行の為、輸入税から免除される項目リストに入った。 (NR/AM/AR)