【ジャカルタ】通商省は売上を増やし、市場を拡張する為、デジタル化になるよう、事業家を奨励する。それは通商大臣、Agus Suparmanto氏が2020年11月27日(金)にプレスリリースに述べられた。

Suparmanto氏がオンラインショッピングはCOVID-19の世界的流行の最中に社会の選択肢であった。オンライン販売は前年比、成長を記録し続けたと語った。通信情報技術省のデータによると、ソーシャルメディアや商業ポータルサイト(電子商取引)上商品販売は2020年にIDR 446.75 trillionに及び、IDR 124.9 trillionの2017年に比べ、400%伸びた。

Suparmanto氏はデジタル化になるだけではなく、事業家に信頼を築き、マーケティング通信を展開する為、商品保証を提供するよう、要求した。「オンラインショッピングに対する大きな潜在的は現在、事業家にとってデジタル変形を起つ動量です。」と彼は述べた。

2020年1月〜10月、貿易収支はUS $ 17.07 billionを記録され、過去5年間以内に最高であった。2020年10月まで、輸出額はUS $ 14.39 billionに及んだ一方で、輸入額はUS $ 10.78 billionを記録された。 (NR/LK/VA)