【ジャカルタ】総合株価指数(JCI)は本日(2020年11月27日)の最初の取引セッションの終わりに5,766.33、0.11%、6.41ポイント強化した。

6つセクターは強化し、指数を増加させた。4.27%最大に伸びたセクターは農業セクターに発生した。そして、低迷した4つセクターは各種産業セクター、金融セクター、基礎産業セクター及び製造セクターであった。

Kontanが報告されたように、本日の最初の取引セッションのLQ45トップゲイナーはPT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)及びPT Sarana Menara Nusantara TBk (TOWR)であった。 (NR/LM)