ELSA - PT. Elnusa Tbk

Rp 372

-6 (-1,61%)

【ジャカルタ】PT Elnusa Tbk (ELSA)は今年末まで、設備投資をIDR 800 billionに修正しており、IDR 1 trillionの2020年頭の目標より、低い。それはELSAの取締役社長、Ali Mundakir氏が2020年11月30日(月)にプレスリリースに述べられた。

Mundakir氏によると、その修正はCOVID-19の世界的流行の最中にトリプル経済衝撃状態を応じる為、行われたそうである。「Elnusaが直面されるそのトリプル衝撃は幾つかの上流石油ガスサービスの優先規模の変更、調進・建設・運営・メンテナンス(EPC-OM)サービスの競争的利益性マージン及びルピア為替相場の変動に影響を与えております。」と彼は述べた。

又、Mundakir氏がその設備投資は石油ガス設備(石油・ガス)、下流セクターのインフラ及び定期的な設備メンテナンスを支援する為、使途される。IDR 800 billionの資金使用は年末まで、70%に及ぶと予測されると語った。

Mundakir氏によると、Elnusaは事業ポートフォリオを多様化し、石油ガスセクターの長期的適任や経験を維持する事により将来的に成長を記録出来ると楽観的であったそうである。「Elnusaはそれらの契機を掴む事に関してより良いチャンスを持っております。」と彼は述べた。 (NR/LK/VA)