【ジャカルタ】衆議院第5委員会長、Andi Iwan Darmawan Aras氏が衆議院はイグスティ・ングラライ国際空港を加え、バリ島で代替空港の発展は実現されることが出来るよう、願うとバリ島に訪問した間に語った。

2020年12月16日(水)にプレスリリースにおいて、Aras氏がその代替空港はバリ島の観光セクターを支援し、国家戦略プロジェクトのリストにも既に入れられたと語った。「地方政府の掛かり合いはその空港の為の土地取得の問題を解決出来るよう、期待されます。」と彼は述べた。

Aras氏によると、衆議院第5委員会はブレレンのゲロカクのスンベルケランポク村で行われる予定であるその空港発展を積極的に奨励するそうである。「その新空港の発展はバリ島が2022年にFIFA U-20ワールドカップなど国際的イベントを度々開催する為、重要です。」と彼は述べた。 (NR/LK/MS)