ASII - PT. Astra International Tbk

Rp 5.375

-50 (-0,92%)

【ジャカルタ】2020年11月まで、国内市場におけるPT Astra International Tbk (ASII)の売上業績は26,410台の2020年10月に比べ、24,425台、月極、7.15%減少した。

idnfinancials.comが貰ったプレスリリースにおいて、ASIIの経営陣が2020年11月の自動車売上は総売上の63.37%、15,479台を貢献したトヨタが支配されたと説明した。そして、ダイハツは総売上の27.7%、6,772台を、イスズは総売上の8.61%、2,103台を、UDトラックは総売上の0.23%、56台を、プジョーは総売上の0.06%、15台を貢献した。

一方、Association of Indonesian Automotive Industries(インドネシア自動車産業協会/Gaikindo)のデータによると、国内市場における非アストラ自動車売上は29,419台、月極、30.13%伸びた。情報上、その非アストラ自動車は三菱、ホンダ、スズキ、日産などである。

2020年11月にASIIが売却された3,466台は低価格グリーン・カー(LCGC)種類であった。一方、2020年11月に売却された非アストラ低価格グリーン・カー(LCGC)自動車は7,244台であった。

その売上業績のように、2020年11月に国内市場におけるASIIの自動車の市場占有率は54%の2020年10月に比べ、45%低下した。そして、2020年11月に国内市場におけるASIIの低価格グリーン・カー(LCGC)自動車の市場占有率は65%の2020年10月に比べ、48%減少した。

にもかかわらず、ASIIの会社通信役所長、Boy Kelana Soebroto氏が当社は今年末までの自動車の売上に関して楽観的に留まったと語った。「我々は2020年12月の自動車の売上を支援出来るよう、国民の購入力が向上し続けるよう、願っております。」と彼はidnfinancials.comが貰ったプレスリリースに述べた。 (NR/KR/VA)