KLBF - PT. Kalbe Farma Tbk

Rp 2.050

-10 (-0,49%)

【ジャカルタ】PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)はフィリピンにおける子会社を閉鎖した後、シンガポールにおける他の子会社、Kalbe Global Pte, Ltd (KG)を閉鎖した。

2020年12月30日(水)に、インドネシア証券取引所(IDX)における情報開示において、KGはグループの活動中止中の状態の為、シンガポールの法律規定によると、2020年12月24日に効率的井閉鎖された。

「KGの閉鎖によって、Kalbe International Pte. Ltdにおける子会社の一つにおけるKLBFの株式所有権は100%伸びます。」とKLBFの会社秘書役、Lukito Kurniawan Gozali氏はその情報開示に述べた。

2020年11月に、KalbeはAsiawide Kalbe Philippines Inc (AKPI)と言うフィリピンで運営される子会社における株式保有をも売却した。AKPIはKalbe International Pte. Ltdを通し、AKPIの49.99%株(714,229株)が間接的にKLBFが所有される子会社であった。

「2020年10月28日にKIはPhP 7,142.32の取引額で株式購入協定を通し、双方の協定によって、AKPIにおける全株をARC Holdings Inc. Corporationに譲渡しました。」とGozali氏は述べた。

又、Gozali氏がその取引はKLBFの運営や財務状態に資材影響を与えていないと語った。 (NR/AM/VA)