BIRD - PT. Blue Bird Tbk

Rp 1.295

+10 (+0,78%)

【ジャカルタ】PT Blue Bird Tbk (BIRD)は情報技術や車隊活性化に投資される為、Rp 500 billionの設備投資を予算している。それはコロナウィルス(COVID-19)世界的流行の最中に業績回復に注力する当社の目的通りである。

Blue Birdのインベスターリレーションズ所長、Michael Tene氏によると、当社はネットワークをアシストする為、情報技術や人工知能支援を持っている車隊を最適化することにより業績回復を目指すそうである。

「活性化予算の資金源は銀行ローンによるものである一方で、情報技術予算の資金源は内部資金によるものです。」と近時、Kontan.co.idから引用されたように、Tene氏は述べた。

Tene氏が業績回復に対して、当社は前年、直接費用や運営上費面において効率を向上し始めた。それが運営上費を2020年第2四半期に7.7%に、2020年第3四半期に42%に下落させたと語った。 (NR/AM/MS)