【ジャカルタ】PT Pertamina Gas (Pertagas)とPT Indonesia Power (IP)の間の合弁会社、PT Perta Daya Gas (PDG)はパプア州のソロンにおける3.7キロメートルガスパイプライン建設を完成した。PertagasはPT Perusahaan Gas Negara (Persero) Tbk (PGAS)の子会社であり、IPはPT Perusahaan Listrik Negara (Persero)の子会社である。

PDGの取締役社長、Arief Wardono氏がそのパイプラインインフラは2020年12月24日のソフトローンチ後、6週間以内に完成されたと語った。「そのガスパイプライン造りは50メガワットの容量を持っているソロンガスエンジン動力装置のガス化プロジェクトの一部です。」と彼は2021年1月22日(金)に引用されたプレスリリースに述べた。

Wardono氏がそのガスパイプラインを完成した後、ガス流れの上前はマラモイオロムウォンボクの計量・規制所(MRS)からソロンの経済特別区や西パプア州のソロンガスエンジン動力装置に運搬された。それから、ソロンガスエンジン動力装置ユニット1〜ユニット5の発電機における燃料油の使用を天然ガスに徐々に移し替えられていくと説明した。

そのガスパイプライン建設はNo.13/2020と言うエネルギー鉱物資源省命令書の法的保護によりPGASからの任務であった。「ソロンガスエンジン動力装置のガス供給は西パプア州の電気を提供する政府プログラムを支援出来るよう、期待されます。」とWardono氏は述べた。 (NR/LK/VA)