【ジャカルタ】PT Sinar Mas Multifinance (SMMF)は2021年に第2相持続可能な公募プログラムを通し、IDR 732.5 billionの債券を発行する計画を発表した。

SMMFの取締役、Ailis Limarto氏がその債券は第2相持続可能な公募の一部であり、その得られる資金目標はIDR 2 trillionであると語った。2020年に、SMMFはIDR 708.3 billionの第1相持続可能な公募を発行した。

第2相持続可能な公募を3つシリーズに発行した。AシリーズはIDR 348 billion、年毎に9.75%の金利で発行された。そして、BシリーズはIDR 333.5 billion、年毎に10.5%の金利で発行された。一方、CシリーズはIDR 51 billion、年毎に11.5%の金利で発行された。

Limarto氏がその債券発行から得られた資金は運転資本に資金を提供する為、使途されると語った。当社はその債券発行の引受人としてPT Sinarmas Sekuritasを任じている。

idnfinancials.comのデータによると、SMMFは2020年10月まで、IDR 444.43 billionの現金及び現金同等物を持っていた。しかし、その総資産はIDR 8.68 trillionを、その中期債務発行からの負債はIDR 499.28 billionを、その債券額はIDR 2.56 trillionを記録された。 (NR/KR/VA)