【メダン】国家や世界的経済に影響を与えられたCOVID-19の世界的流行の最中に、PT Pelabuhan Indonesia I (Persero)又はPelindo 1は2020年中、積極的な業績を記録出来た。

「アルハムドゥリッラー、一般的に事業の状態は2020年にかなり厳しくても、Pelindo 1は幾つかの事業セグメントの成長を記録し続けます。斯くて、前年比、持続性成長を維持出来ます。Pelindo 1に対して高い信頼をお持ち続ける皆の連携相手やサービス利用者に感謝します。」とPelindo 1の取締役社長、Dani Rusli Utama氏は2021年1月20日(水)に北スマトラ州のベラワンで述べた。

Pelindo 1の積極的な業績は133万TEUsの2019年に比べ、2020年に142万TEUs、6.35%伸びた容器処理能力セグメントが支援された。それは国内売買がより支援された。

大幅に伸びた容器処理能力セグメントは125%の成長を持っているクアラタンジュン港に発生した。一方、その最大の貢献者はPelindo 1の総容器処理能力の80%割前を持っているベラワンコンテナタ—ミナル(TPK)が貢献された。 (NR/LM)