PBRX - PT. Pan Brothers Tbk

Rp 70

+1 (+1,43%)

【ジャカルタ】インドネシアの織物生産業者、PT Pan Brothers Tbk (PBRXはUS$ 138.5 millionのシンジケート債務満期を延長する為、何人かの債権者からの承認を貰っている。

PBRXの取締役副社長、Anne Patricia Sutanto氏がそのシンジケート債務は最初に2021年1月27日に満期したと語った。当社や何人かの債権者が作られた新契約によって、それは2021年2月12日までに延長された。

その変更を承認した債権者数はPT Bank ANZ Indonesia、PT Bank HSBC Indonesia、ING Bank N.V.、PT Bank China Construction Bank Indonesia Tbk (MCOR)、PT Bank Mizuho Indonesia、PT Bank Maybank Indonesia Tbk (BNII)、Malayan Banking Berhad、PT Bank KEB Hana Indonesia、PT Bank Rakyat Indonesia (Persero) Tbk (BBRI)、MUFG Bank Ltd.、PT Bank BNP Paribas Indonesia、PT Bank Shinhan Indonesia及びCitibank N.A. Indonesiaである。

「シンジケート債務満期の延期に関する承認は双方が承認される新シンジケートローン協定まで続けるロングストップをも含まれます。」とSutanto氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示を通し、述べた。

Sutanto氏がインドネシア証券取引所(IDX)におけるPBRXの株式売買は連続三日間以上に停止された場合、PBRXや何人かの債権者の間の協定は終了すると付け加えた。その上、PBRXの株式所有権や経営を変更すべき事はない。 (NR/KR/VA)