NISP - PT. Bank OCBC NISP Tbk

Rp 900

-5 (-0,56%)

【ジャカルタ】顧客を仕えているPT Bank OCBC NISP Tbk (NISP)の努力は事業活動を慎重に行う銀行のコミットメントと伴い、行われる。それは銀行業の平均不良債権以下であった0.8%を記録された純不良債権比率及び1.9%を記録された総不良債権に反映される。

又、2020年12月末まで、IDR 114.9 trillionに及んだローンを流通することにより仲介機能をも行い続ける。経済状態の圧力の最中に、2020年末まで、IDR 2.1 trillionを記録された純利益で持続性業績を記録している。

「Bank OCBC NISPはTidak Ada Yang Tidak Bisa (TAYTB)と言う意気で2021年を歓迎し、低コスト資金を増やす戦略を実装し、デジタル加速を継続し、信用品質を維持する事に一貫する事に注力します。特に、重要な里程標によって、Bank OCBC NISPは80周年となり、我々は責任のある銀行業活動を行うコミットメントを強化する覚悟が出来、持続性業績を維持し、顧客と進出出来、この厳しい挑戦状態を乗り切る為、インドネシア経済を支援する事に貢献出来るよう、積極的な社会的で環境的効果を持っております。」とBank OCBC NISPの取締役社長、Parwati Surjaudaja氏は説明した。

その上、個人顧客向けの「ONe Mobile/ワンモバイル」サービスは前年比、58%伸びた取引数、前年比、92%伸びた取引量、前年比、41%伸びた利用者数があると分かった。その上、顧客は投資する為、「ONe Mobile」を使用する利便を見せ、増えている。それは2020年中、「ONe Mobile」を通し、行われた投資商品取引は増えた。 (NR/LM)