【ジャカルタ】インドネシアの貿易黒字は増えた石油ガス輸入の為、2020年12月に比べ、2021年1月に低迷した。それは取締役、Bank Indonesia (BI)の通信部長、Erwin Haryono氏が2021年2月16日(火)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Haryono氏が2021年1月の貿易黒字はUS$ 1.96 billionを記録され、US$ 2.1 billionの2020年12月に比べ、低下したと語った。「その貿易黒字はインドネシアの経済の回復力を維持する為、未だに十分に積極的です。」と彼は述べた。

中央統計局(BPS)のデータによると、2020年12月の貿易黒字はUS$ 2.56 billionを記録され、増えた天然資源ベース非石油ガス輸出が影響された。「2021年1月の非石油ガス輸出はCPOT、石炭、金属鉱など天然資源商品の輸出の増加の為、2020年12月より、高かったです。一方、工業製品の輸出は減少しました。」と彼は述べた。

2021年1月に、石油ガス輸出はUS$ 0.67 billionの赤字を記録され、US$ 0.46 billionの赤字を記録された2020年12月より、高かった。 (NR/LK/LM)