KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 2.070

+70 (+3,00%)

【ジャカルタ】PT Kimia Farma (Persero) Tbk (KAEF)は医療品原料の輸入を抑える為、西ジャワ州のチカラン、ブカシで医薬品原料(BBO)生産設備を建てている。それはKAEFの取締役社長、Verdi Budidarmo氏が2021年2月17日(水)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Budidarmo氏がその生産設備は食品医薬品監督庁(BPOM)とハラール認証のインドネシアウラマー評議会(MUI)から医薬品原料(BBO)製造手続きの認定証を得ていると説明した。「2024年まで、医薬品原料(BBO)生産設備の発展によって、医療品原料の輸入は23%低下を目指されます。」とBudidarmo氏は付け加えた。

その上、Budidarmo氏がKAEFは医薬品原料(BBO)生産設備を建てる為、韓国会社のSung Wun Pharmacopia Co Ltd、海外会社、とも協力していると語った。しかし、その生産設備は未だにインドネシアの医療品原料ニーズを優先している。前年、医薬品原料(BBO)生産設備は9種類の医薬品原料(BBO)を生産した。

Budidarmo氏によると、医薬品原料(BBO)を作る事において独立になる為、技術、人的資源、規制及び経済規模を含む幾つかの課題に直面したそうである。「医薬品原料業が直面されなければならない課題はインドネシアに未だに比較的に新しいものです。」と彼は述べた。 (NR/LK/VA)