BALI - PT. Bali Towerindo Sentra Tbk

Rp 690

-10 (-1,45%)

【ジャカルタ】PT Bali Towerindo Sentra Tbk (BALI)は当座勘定ローンと期間ローンの形で流通されたPT Bank Victoria International Tbk (BVIC)とのIDR 75 billionのローンファシリティー協定を締結したばかりであった。

BALIの取締役副社長、Lily Hidayat氏がそのIDR 5 billionは当座勘定ローンの形で、その残りIDR 70 billionは期間ローンの形で流通されたと語った。その協定に提供された期間は当座勘定ローンに対して12ヶ月、期間ローン対して60ヶ月である。

本日、リリースされた情報開示において、Hidayat氏が当座勘定ローンファシリティーはBALIの追加の運転資本の為、使途される。一方、期間ローンファシリティーは情報通信塔やFTTxやそのネットワークの建設を借り換える為、使途されると説明した。

「この取引の考慮と理由は当社にとって競争金利においてことなりますん。」とHidayat氏は述べた。

そのローンファシリティー協定において、そのローン担保となる幾つかのBALIの資産がある。それらの資産は3ユニット倉庫、3軒のショップハウス及び120ユニットの情報通信塔である。 (NR/KR/VA)