ITMG - PT. Indo Tambangraya Megah Tbk

Rp 11.875

+175 (+1,50%)

【ジャカルタ】PT Indo Tambangraya Megah Tbk. (ITMG)は今年の業績を向上する為、幾つかの戦略を準備しており、US$ 40.5 millionの設備投資を割当てると知られる。

Indo Tambangrayaのインベスターリレーションズ担当重役、Megah Yulius Gozali氏が当社は業績を向上し、COVID-19の世界的流行が引き起こされた多くの事業課題の最中に成長を増やす為、幾つかの戦略を準備したと語った。一方、その設備投資の割当はUS$ 40.5 millionであり、それは炭鉱中のインフラの保守と発展の為、使途される。「今年の設備投資額はUS$ 50 millionの昨年より、低いです。」と先週、Bisnisが引用されたように、Yulius氏は述べた。

当社は2020年にUS$ 1.18 billionの収入を記録し、US$ 1.71 billionの2019年に比べ、30.9%低下した。その利益は2020年に2US$ 33.28 million、前年比、74.6%低下した。

Yulius氏が当社は採掘営業の効率を向上し、石炭埋蔵量を最大限し、顧客ニーズによって、多様な商品ポートフォリオを増やす為、励み続けると説明した。当社は採掘資産やインフラの使用を最大限し、グリーンフィールド資産の発展加速をも確保していく。 (NR/AM/LM)