ジャカルタ。東南アジア市場をターゲットにした自動車のeコマースプラットフォームであるCarsomeは、インドネシアでの自動車の売買傾向が2021年4月にピークに達すると予測しています。

カーサムインドネシアのゼネラルマネージャーであるデリーヌグラハ氏は、この傾向は政府が提供するゼロパーセントのPPnBM(高級品の消費税)インセンティブによって支えられると述べた。ヌグラハ氏によると、2021年3月から発表された規制は、エンジン容量が1,500cc未満の新しい乗用車を購入する見込みのある人にとって適切な時期であるとのことです。

記録として、このインセンティブは公共消費を刺激するように設計されています。さらに、このインセンティブは、Covid-19パンデミックに見舞われた国内の自動車産業を回復させることもできると考えられています。

「人々が新車に乗り換えると、中古車の供給が増えるだろう」とヌグラハは本日idnfinancials.comに語った。

Nugrahaは、Carsomeが引き続きサービスを強化すると付け加えました。したがって、ユーザーは古い車を簡単かつ安全に販売できます。

同じ機会に、Carsomeはまた、中古車をオンラインで販売することへのインドネシアの人々の関心の高まりを示す最新の調査を発表しました。この増加は、PSBB(大規模社会制限)ポリシーが存在する前と比較して34%にさえ達しました。 (KR / LM / PW)