KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 2.970

-120 (-4,04%)

【ジャカルタ】PT Kimia Farma Tbk (KAEF)は今年の業績成長を支援する為、デジタルヘルスサービスを発展していく。「Kimia Farma Mobile」の開発の為、IDR 500 billionの設備投資を割当てた。

Kimia Farmaの会社秘書役、Ganti Winarno氏はCOVID-19の世界的流行の方向が未だに不確かであったも、製薬事業は将来的に、発展する可能性がある事に関して楽観を述べた。よって、Winarno氏が当社は今年、積極的な業績成長を達成すると確信する。

当社は今年の事業目標を達成する為、IDR 500 billionの設備投資を割当てた。その資金は「Kimia Farma Mobile」と言うデジタルヘルスサービスを開発する為、使途される。「Kimia Farmaは『Kimia Farma Mobile』と言うデジタルプラットフォームを開発することにより工業時代4.0及びニューノーマル時代に技術的発展に付け込んでおります。」とWinarno氏は2021年3月22日(月)にKontan.co.idが引用されたように、述べた。

このヘルスサービスアプリはヘルス商品購入や必要とする消費者の為、ヘルスサービスへのアクセスなど数のフィーチャーを持っている。 (NR/AM/LM)