【ジャカルタ】蔵相、Sri Mulyani氏は政府の信用保証ファシリティーを得る為、インドネシアの企業に要求された諸条件を緩めた。それは蔵相98/2020の規制改正を通し、決定された。

その規制改正において、Sri Mulyani氏は運転資本信用保証を得る適格を持っている事業企業の基準を変更した。その上、保証される信用テナーは延長された。

「政府の保証制度のより緩い条件によって、我々は実体セクターを向上しながら、企業の財政状態を維持出来るよう、期待します。」と財務省の通信局長、Rahayu Puspasari氏は述べた。

その改正された行政規則において、政府の信用保証を承認される為、企業の幾つかの基準はCOVID-19世界的流行の影響を与えられた企業や説得力のある良債権を持っている企業を含む。 (NR/KR/ZH)