TPIA - PT. Chandra Asri Petrochemical Tbk

Rp 11.000

-325 (-2,98%)

【ジャカルタ】タバコ製造業者、PT Djarumは中部ジャワのクドゥスにおける39,000平方メートルの工場面積に高密度ポリエチレン加熱混合アスファルトを使用する為、Chandra Asri Petrochemical Tbk (TPIA)と連携している。それはPT Djarumの総務上級管理者が2021年4月8日(木)に記者会見で述べられた。

「Chandra AsriとPT Djarumが行われた行動は持続可能に生きる為、廃棄物を最小限する協力行為の例でした。」と管理者は述べた。

管理者の声明によれば、プラスチック袋ごみの混合物を使用するアスファルトは710万枚に及ぶ。高密度ポリエチレン改質アスファルト混合物はチレゴンやテガルやスマランを含む幾つかの所在地でChandra Asriも当てはめられている。

その上、エネルギー鉱物資源省の道路・橋研究開発センターの検討によると、この改質アスファルトは40%抵抗を持っている。DjarumとChandra Asriはインドネシアプラスチックリサイクル協会(Asosiasi Daur Ulang Plastik Indonesia/ADUPI)とも連携している。 (NR/LK/ZH)