【ジャカルタ】増えるデジタル取引は2020年中、偽造紙幣の流通を百万当たり9枚から5枚に大幅に削減した。それはBank Indonesia (BI)のマネー管理取締役、Marlison Hakim氏が2021年4月14日(水)にジャカルタの記者会見で述べられた。

Hakim氏が偽造紙幣の比率は2019年より、低いと語った。2021年第1四半期に、公共に流通された偽造紙幣の比率は百万当たり2枚のみを記録された。「COVID-19世界的流行はデジタル取引を上げ、減った偽造紙幣の比率に影響を与えました。」とHakim氏は述べ続けた。

BIがデジタル銀行業取引は今年末まで、IDR 32.206 trillionに及び、IDR 27.036 trillionの2020年に比べ、伸びると推定した。

Hakim氏がBIは現在、物的お金の為、使用される資材品質を強化している。特に、近付いてくる2021年のイードアルフィトル、公共のお金流通は増えると付け加えた。国民は3D(Dilihat(見る)、Diraba(触る)Diterawang(光に翳す))方法で使用されるルピアに対して用心深くする必要がある。 (NR/LK/ZH)