CITA - PT. Cita Mineral Investindo Tbk

Rp 3.000

0 (0%)

【ジャカルタ】ボーキサイト採掘セクター会社及びインドネシアの初製錬所グレードのアルミナ(SGA)の生産業者、PT Cita Mineral Investindo Tbk (CITA)はCOVID-19世界的流行の影響にもかかわらず、PT Well Harvest Winning Alumina Refinery (WHW)、その関連エンティティを通し、2020年に積極的な業績を記録した。2020年中、IDR 4.34 trillionの純所得を記録した。この実現はIDR 3.89 trillionの2019年に比べ、11.55%伸びた。

CITAの取締役、Yusak Lumba Pardede氏がCITAはCOVID-19世界的流行の影響にもかかわらず、2020年の間に財政状態を成功に強化したと語った。これは大幅に伸びた持分価値や減少した負債から見られることが出来る。

「当社は物価に好影響を与え、向上する世界的経済につれて、2021年の業績に関してと楽観的です。そして、特に、輸出市場、冶金グレードボーキサイト(MGB)に対する興味が未だに高いです。好調な売上高拡大の契機を得る為、当社とWHWにとってSGAとMGBの市場占有率を拡大し、その売上高を多様化する可能性があります。」とPardede氏は述べた。

2020年に、CITAは795万トンのMGBを成功に販売した。その85.49%又は約679万トンは輸出売上高であった一方で、その残り115万トンは関連エンティティ、WHWに国内で販売された。その全販売量は2019年に比べ、2020年に8.37%伸びた。一方、SGAの販売量は2019年に比べ、2020年に106万トン、安定に留まった。2020年4月に403万トン、2020年10月に426万トンの政府からの輸出クォータをも得た。それは一年間、2021年までに有効となる。 (NR/LM)