【チカラン】通商大臣、Muhammad Lutfi氏はアラブ首長国連邦へUSD 11.46 thousandの14.5トンの西瓜の初輸出をリリースした。そのリリース輸出は農業技術に従事する新興会社であるTaniHubグループが行われた。それは2021年4月21日(水)、西ジャワ州、ブカシの北チカランにおけるTaniHubナショナルフルフィルメントセンターで行われた。

西瓜輸出品はアラブ首長国連邦の市場需要を満たす為、ランピンの会社が補助される農家によるものである。TaniHubグループがアラブ首長国連邦の市場の持続可能な需要は一月毎に156トンに及ぶ可能性があると推定する。

通商大臣がインドネシアの経済は2038年まで、三倍の1人当たりGDPを増さなければならない。もし、そうではない場合、インドネシアは中産階級罠に掛かれる恐れがある。その中産階級罠を出る為、インドネシアはインフラや技術移転と言う二つ分野に投資しなければならないと語った。

「TaniHubグループはデジタルプラットフォームや技術移転を通し、インフラに投資する事と言うその二つ事を架橋しております。その上、このイベントは経済的に行われます。これは助成金はありませんが、このプロセスに掛かり合った全当事者は合理的な利益を得ると言う事です。」と通商大臣は述べた。

TaniHubグループはアラブ首長国連邦だけではなく、シンガポール、台湾、韓国及びマレーシアの市場にIDR 15.31 billionの西瓜を輸出する潜在的をも探検している。58,000キログラムの西瓜(IDR 667 million)、28,000キログラムのパイナップル(IDR 504 million)、57,000キログラムのバナナ(IDR 826.5 million)、38,000キログラムの蜜柑(IDR 551 million)など他の商品を輸出する計画である。

中央統計局のデータによると、2021年3月に、インドネシアの農産輸出はUSD 390 millionに及び、2020年3月に比べ、25.04%伸びた。農業輸出額はUSD 18.35 billionに及んだ2021年3月のインドネシアの総輸出額に2.15%を貢献した。 (NR/LM)