DUMAI-Pelindo 1 Dumai Branchは、コンテナを再輸出することでパフォーマンスを向上させるためのビジネスイニシアチブを引き続き実行しています。粗パーム油(CPO)とその派生物は、2021年4月20日火曜日に、ドゥマイ港を経由して19箱の20フィートISOタンクとしてマレーシアのポートクランに輸出されました。

「ドゥマイ港のドックCにあるISOタンクコンテナを介したCPOとその派生物の輸出は、継続的に実施されるコンテナ輸出サービスです。以前は、最初のコンテナ輸出活動は3月に実施されました。」ジョネディ・ラムリのペリンド1ドゥマイ支店のゼネラルマネージャーは語った。

Jonedi Ramliは、前回の最初の輸出活動で、CPOの出荷では、コンテナ内の液体材料を輸送するために使用される柔軟なパッケージングシステムであるフレキシバッグコンテナを使用したと説明しました。ただし、この2番目の輸出活動では、ISOタンクを使用しています。

このISOタンクの輸出活動では、Pelindo 1 Dumaiは、ISOタンクの所有者であるDen Hartogh AsiaPacificの代表としてPTBenLineと協力しています。一方、輸送手段として使用されるはしけについては、Pelindo 1DumaiがMITCargo(Pvt)Ltdの代理人としてPT Segara Mitra Abadiによってサポートされています。このCPO商品とその派生物は、マレーシアのポートクランに輸出されます。東アジアの目的地の港に転送されました。

この輸送ルートが存在する前は、ビジネスアクターは商品を陸路で送る必要があり、その後、他の港を経由して送られていました。別の港を利用する場合のクラン港への商品の配達には3日かかりますが、ドゥマイ港経由では約22時間かかると推定されています。

2021年の第1四半期に、Pelindo 1 Dumaiのスループットは、合計9,955 GT(総トン数)の船舶訪問に対応することで示されるように増加し、2020年の第1四半期の9,824 GTと比較して1.33%増加しました。 (LM / PW)