SSIA - PT. Surya Semesta Internusa Tbk

Rp 446

-8 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Surya Semesta Internusa Tbk (SSIA)が今年の収入はIDR 2.94 trillionの2020年の収入に比べ、15%伸びると推定した。それはSSIAの会社秘書役、Herman Gunadi氏が2021年4月29日(木)に引用された記者会見の間に述べられた。

Gunadi氏によると、その目標は2020年11月18日に打上げられたスバンスマートポリタンエリアが40ヘクタールの土地を生じることが出来る期待が伴っているそうである。その上、当社は今年、インダストリカラワンのスーリヤチプタシティの20ヘクタールのマーケティング販売を設定した。

「年末まで、世界的流行が悪化する場合、その目標にも影響を与えられる可能性があります。」とGunadi氏は述べた。

2020年中、その収入は世界的流行の前の収入実現であったIDR 4 trillionの2019年に比べ、26.4%低下した。その上、その損失はIDR 92.3 billionの2019年の純利益に比べ、IDR 87.5 billionに及んだ。

減った売上高はIDR 2.61 trillionの2019年に比べ、2020年にIDR 2.08 trillion低下した建設セクターによるものであった。そして、ホスピタリティーセクターの売上高はIDR 811.4 billionの2019年に比べ、2020年にIDR 219.8 trillionに激減した。一方、不動産セクターは2020年にIDR 651.6 billionを貢献し、IDR 588.2 billionの2019年に比べ、増加した。その他のセグメントは2020年にIDR 13.5 billionを貢献し、IDR 11.3 billionの2019年に比べ、増加した。

「不動産や建設やホテルの事業はCOVID-19世界的流行の為、夫れ夫れ異なる課題に直面します。」とGunadi氏は主張した。 (NR/LK/ZH)