HMSP - PT. Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk

Rp 960

0 (0%)

【ジャカルタ】インドネシアの最大のタバコ製造業者の一人、PT Hanjaya Mandala Sampoerna Tbk (HMSP)はその子会社、PT Philip Morris Indonesia (PMID)への未使用土地建物の資産に対する賃貸協定を締結したばかりであった。

Sampoernaの会社秘書役、Bambang Priambodo氏がその土地建物の資産は年毎にIDR 60.18 billionで次の5年間以内に賃貸されると説明した。斯くて、貢献される総収入はIDR 300.9 billionである。

「PMIDは製造過程を向上する為、追加の建物を必要としております。」とPriambodo氏は昨日(2021年5月4日)、インドネシア証券取引所における情報開示に述べた。

同じ機会に、Priambodo氏がHMSPはPhilip Morrisの他子会社、PT Philip Morris Sampoerna International Service Centre (PMSISC)に幾つかの事業を譲渡する事に合意したとも主張した。その上、HMSPのデジタルハブ課の何人かの従業員はPMSISCを支援する為、転勤される。

その事業譲渡の総取引額はIDR 19.79 billionに及ぶ。そして、その従業員の転勤の取引額はIDR 724.97 millionに及んだ。

idnfinancials.comのデータによると、MHSPの92.5%株はPMIDが支配された一方で、PMSISCにおけるPMIDの所有権は99.9%を記録された。 (NR/KR/ZH)