IRRA - PT. Itama Ranoraya Tbk

Rp 2.020

-80 (-3,96%)

【ジャカルタ】PT Itama Ranoraya Tbk (IRRA)は製造業者や臨床ラボや電子保健サービス事業に入る為、IDR 300 billionの設備投資を割当てた。それはPT Itama Ranoraya Tbk (IRRA)の取締役社長、Heru Firdausi Syarif氏が2021年5月6日(木)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Syarif氏がその設備投資予算はIDR 25 billionの昨年に比べ、伸びた。来年、当社はニーズの為、十分な大きな設備投資を割当てると語った。

Syarif氏によると、その事業計画の実現は2022年にその結果を見せるそうである。今年の事業成長は未だに既存の事業によるものである。「今年、その成長目標は約80%〜100%又は昨年の事業成長の位置です。」とSyarif氏は述べた。

Syarif氏がその設備投資の資金源は銀行ローンや債務証券の発行や自己株式の使用によるものであった。IRRAの経営陣は銀行からローンを得る為、株主の承認を貰っていると語った。 (NR/LK/LM)