【ジャカルタ】金融庁(OJK)の投資アラートタスクフォース(SWI)は2021年4月まで、26社の違法な投資会社と86不純なファイナンシャル技術貸出又はフィンテックを発見した。それは2018年以降、詐欺金融とフィンテック貸出会社長いリストに追加する。

金融庁(OJK)の投資アラートタスクフォース(SWI)の所長、Tongam Lumban Tobing氏がマネーゲームや暗号通貨や許可を持っていない融資・資金調達システムを含めたと発表した。「その投資献物は特に、近付いてくるイードルフィトリ、資金調達の高い需要の為、出回っている。斯くて、国民はこれに関して注意しなければなりません。」とTobing氏は2021年5月7日(金)に記者会見で説明した。

その26社の違法な投資は11マネーゲーム、3暗号通貨、1違法な支払いシステム、2非合法金融及び9その他を含めた。一方、86不純なフィンテック貸出システムはdaily kredit、ada uang、adopt world、Ai money及びpetirpetを含み、幾つかのブランド名を利用していた。

Tobing氏によると、投資アラートタスクフォース(SWI)は国民に広がっている詐欺を防止する為、サイバーパトロール頻度を増やしていくそうである。イードルフィトリ手当を貰う国民は違法な金融又はファイナンシャル技術機関を通し、お金を投資しないよう、期待される。 (NR/LK/ZH)