【ジャカルタ】Bank Indonesia (BI)が国家経済状態に関する消費者の楽観はCOVID-19世界的流行の前の状態のように、向上すると語った。それはBank Indonesia (BI)の取締役、通信部長、Erwin Haryono氏が2021年5月10日(月)に引用されたプレスリリースに述べられた。

Haryono氏がBIの消費者調査によれば、2021年4月まで、消費者信頼感指数は101.5ポイントを示し、その楽観的位置は100ポイント以上であると語った。「これは2020年4月に消費者信頼感指数が悲観的位置に入ってい以来、初楽観的数字です。」と彼は述べた。

Haryono氏によると、その調査によれば、消費者信頼感指数の向上は答弁者の年齢グループや教育水準や答弁者の支出を含め、全ての分類に発生したそうである。将来の経済状態に対する積極的な期待はジョブ可用性や増える事業活動や次の6ヶ月の増える所得にも見られることが出来る。 (NR/LK/LM)