【ジャカルタ】小売販売調査の結果は2021年3月に月極め、増えた小売販売を示す。実体売上指数は月極め、-2.7%の2021年2月に比べ、2021年3月に月極め、6.1%伸びた。

答弁者がその増えた小売販売はラマダを迎え、強化する公共の需要につれて、良好な季節的や天候状態が伴ったと語った。その増えた小売販売は全てのグループに発生し、特に、衣服サブグループ、文化・レクリエーション商品グループ及びオートバイ燃料車輌グループである。

小売販売調査の結果によれば、答弁者が増える小売販売の業績は2021年4月まで、続けると予測した。これは月極め、11.4%伸びると予測される2021年4月の実体売上指数に反映される。前年比的に、小売販売は前年比、-14.6%から前年比、9.8%伸びると予測される。

その増加は全ての商品グループに発生すると予測される。主に、その他の商品グループである。特に、衣服サブグループ、オートバイ燃料車輌グループ及ぶ飲食料・たばこグループである。 (NR/LM)