ジャカルタ-ウクライナ政府は、インドネシアからのワイヤー製品のセーフガード関税を免除しています。これは、火曜日(18/5)に引用されたプレスリリースで、インドネシア共和国の貿易大臣であるムハマド・ルトフィによって伝えられました。

彼によると、政策はウクライナへのインドネシアのケーブル製品の輸出の増加を奨励するでしょう。 「これは、輸出業者が国への市場アクセスを拡大する機会を開くだろう」と彼は言った。

RIワイヤー製品のセーフガード関税を免除するという決定は、2021年3月29日にウクライナの外国経済活動貿易保護省によって発表されました。決定が下される前に、ウクライナの貿易当局はセーフガードを課す勧告を調査していました。すべての国で23.5%のマージンで3年間の関税。ケーブル輸入のシェアが3%未満であるため、インドネシアを除く。

2018年から2020年の間に、インドネシアのケーブルのウクライナへの輸出額は2億600万米ドルでしたが、ウクライナのケーブル製品の必要性は7億7,643万米ドルでした。

貿易省の外国貿易局長代理(Plt)のIndrasari Wisnu Wardhanaは、ウクライナはインドネシアの輸出業者がケーブル市場として使用できると述べた。 「ウクライナ市場などの非伝統的な市場へのインドネシアの輸出は、それらが最適に利用されれば増加するだろう」と彼は言った。 (LK / LM / PW)