ジャカルタ。 政府は、2022年の国家予算(APBN)の赤字を、国内総生産(GDP)のマイナス4.51%から4.85%にすることを目標としています。

財務大臣(Menkeu)のSri Mulyani Indrawatiは、州の財政赤字は州の歳入よりも州の歳出が多かったためであると明らかにした。 州の歳出はGDPの14.69%-15.3%に達すると推定され、州の歳入はGDPの10.18%-10.44%の範囲である、とスリ・ムリヤニ財務相は木曜日(20/5)のインドネシア議会との本会議で述べた。

さらに、大蔵大臣は、来年の政府債務比率はGDPの43.76%から44.28%のレベルになり、基礎的財政収支はGDPのマイナス2.31%からマイナス2.65%になると説明した。 (AM / LM / PW)