TRIS - PT. Trisula International Tbk

Rp 206

-6 (-3,00%)

【ジャカルタ】PT Trisula International Tbk (TRIS)は株式を買い戻すことにした。その買い戻しは2021年5月27日〜2022年11月26日、行われる。それはジャカルタのトリスラセンターで本日(2021年5月27日)、開催された臨時株主総会が決定された。当社は最大限の10%の払込資本又は314,144,380株を購入する。

TRISの取締役社長、Santoso Widjojo氏は「本日、開催された臨時株主総会における、株主は証券売買斡旋者の料金や他の料金を含め、最大限の約IDR 40 billionで10%の払込資本の当社の株を購入するTRISの計画を承認しました。この一歩は我々は当社の現状株価が実価値又は業績を反映しないと分かる為、行われます。そして、それは当社にとって長期資本を維持する事において融通性を提供出来ます。当社は追加資本を必要とする場合、将来的に最適な価値で自己株式を販売されることが出来ます。」と説明した。

情報上、2021年第1四半期にTRISの業績は向上し、当社はIDR 256.5 billionの売上高を記録し、2020年第4四半期に比べ、2.7%伸びた。その売上高は50.8%を貢献した国内売上、49.2%を貢献した輸出売上によるものであった。一方、その債務プロフィールは2020年第4四半期に比べ、良い状態を見せた。その金融費は2021年第1四半期に四半期比、24.9%減少した。それは当社が運転資本を効率的に使途した事を見せる。 (NR/LM)