BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 296

+8 (+2,70%)

【ジャカルタ】国家行政高等裁判所(PTTUN)は金融庁(OJK)の監査役会の決議に対してPT Bosowa Corporindo (BC)が提起された上告を断った。その判断はPT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)の株式の支配者としてBosowa Corporindoの再評価に基付いた。その上告を断った事によって、KB Kookmin BankはBBKPの支配者として宣言される。

PT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)の取締役社長、Rivan Purwantono氏が金融庁(OJK)の監査役会の決議はその上告拒否通りに有効となると語った。「インクラフトの高等裁判所の判断後、より堅実になれる株主の間の協定や協力を生み出します。利用者や国民の信頼に影響をさらに与えます。」とPurwantono氏は2021年6月2日(水)に引用された記者会見で述べた。

Purwantono氏によると、この高等裁判所の判断は昨日(2021年6月1日)、貰った一方で、国家行政高等裁判所(PTTUN)は先週(2021年5月24日)、その通知書を発行したそうである。その裁定は2021年6月17日に開催される定時株主総会で協議されるBBKPの行動計画をさらに強化する。

2021年4月まで、BBKPの所有権構成はKB Kookmin Bank(67%)、Bosowa Corporindo(9.7%)、国家(PT Perusahaan Pengelola Aset Negara)(3.19%)及び公共(20.12%)であった。 (NR/LK/ZH)