NRCA - PT. Nusa Raya Cipta Tbk

Rp 346

+2 (+0,67%)

【ジャカルタ】COVID-19世界的流行の間に遅れた新プロジェクト実行や入札はPT Nusa Raya Cipta Tbk (NRCA)の収入を2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期に94.76%に大幅に低下させた。

PT Nusa Raya Cipta Tbk (NRCA)の取締役社長、Hadiwinarto Christanto氏がその世界的流行は当社の運営上や事業活動に直接で間接的に影響を与えたと主張した。「2021年第1四半期に、その収入はIDR 341.95 billionのみに及び、IDR 653.35 billionの2020年同期に比べ、低下しました。」とChristanto氏は2021年6月4日(金)に公開された2021年第1四半期の財務報告に述べた。

その収入への最大の貢献者はIDR 340.95 billionを貢献した建設サービスセクターによるものであった。ホテルセクターはIDR 999.46 millionを貢献した。2020年第1四半期に、建設サービスセクターはIDR 652.14 billionを、ホテルセクターはIDR 1.21 billionを貢献した。

下がった建設サービスセクターの貢献は延期されていた幾つかのプロジェクトや新入札が原因であった。一方、下がったホテルセクターの貢献はホテルの稼働率に影響を与えた大規模社会的制限が原因であった。

これらの状態はその当年利益をIDR 28.04 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 8.48 billionにも減少させた。 (NR/LK/ZH)