PRAS - PT. Prima Alloy Steel Universal Tbk

Rp 212

+2 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Prima Alloy Steel Universal Tbk (PRAS)は昨年以降、進行中のCOVID-19世界的流行の為、2021年第1四半期中、IDR 16.80 billionに低下した売上高を被った。それはPT Prima Alloy Steel Universal Tbk (PRAS)の取締役社長、Djoko Sutrisno氏が2021年6月7日(月)に引用された2021年第1四半期の財務報告を通し、述べられた。

Sutrisno氏がその売上高はIDR 72.74 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 55.492 billionに減少したと語った。その減少にもかかわらず、その売上高への最大の貢献者は輸出セグメントによるものであった。米国への輸出はIDR 30.33 billionを、欧州への輸出はIDR 10.42 billionを、アジアへの輸出はIDR 12.02 billionを、アフリカへの輸出はIDR 931.45 millionを記録された一方で、オーストラリアへの輸出は2021年第1四半期に生じ損なった。

当社は売上原価の効率を最適化した。斯くて、その粗利益は2021年第1四半期にIDR 4.74 billionを記録出来、IDR 3.31 billionの2020年第1四半期に比べ、増加した。しかし、その金融費と他の経費は増えた。斯くて、その税引き前損失はIDR 8.86 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 40.66 billionを被った。最後に、その包括損失は2021年第1四半期にIDR 33.75 billionを記録され、IDR 7.60 billionの2020年第1四半期に比べ、低下した。  (NR/LK/ZH)