【メダン】Pelindo 1は今年、戦略の一つとなる海洋サービスを強化する事を目指す。海洋サービス事業の最適化はクアラタンジュン港・工業団地(PIE)を発展し、インテリジェントマーケティング、国際コミュニティーと連携し、共同することによりネットワークを拡張し、海洋サービス事業セクターにモノのインターネット (IoT)を実装する事を通し、行われる。

「海洋サービスは今年、発展に注力される事業戦略の一つです。年毎に80,000隻の船舶が通過される世界の最も忙しい貿易航路としてマラッカ海峡の真ん中にあるこの海洋サービス活動は大変重要です。」とPelindo 1の運営・商務担当重役、Ridwan Sani Siregar氏は述べた。 

第一、Pelindo 1は水先案内を発展し続け、迅速に増し、発展する大きな潜在的を持っているクアラタンジュン港・工業団地(PIE)における船舶を曳航する事である。第二、インテリジェントマーケティングは特に、バタム、カリムン、マラッカ海峡の海域に、顧客を見分ける事に注力することにより、行われる。

第三、Pelindo 1は連携し、共同することによりネットワークを拡張する事である。海洋サービス事業を最適化する為、様々な当事者と連携する。連携される連携相手の一つはPT Kawasan Industri Dumai (KID)である。第四、海洋サービス事業セクターにモノのインターネット (IoT)を実装する事である。 (NR/LM)