CSRA - PT. Cisadane Sawit Raya Tbk

Rp 314

-2 (-0,50%)

【ジャカルタ】PT Cisadane Sawit Raya Tbk (CSRA)は資産借り換えの為、IDR 345 billionの銀行ローンを確保する。それはCSRAの取締役、Seman Sendjaja氏が2021年6月9日(水)に引用された情報開示に述べられた。

Sendjaja氏がこのローンの保証はローン協定に債権者が出される必要条件通り、企業保証とキャッシュフロー赤字保証を使用すると語った。「そのローン支払いは31の賦払いを通し、2021年12月31日まで、行われます。」とSendjaja氏は説明した。

そのローンファシリティー協定の債権者はPT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)である。そのローンは2021年5月から有効となる。その金利は年毎に9.5%である。

「このローンファシリティー金利はより低く、その支払い期間はより長く、斯くて、当社にとって融通性の運転資本を与えます。」とSendjaja氏は付け加えた。

2021年3月に、CSRAの持分はIDR 613.66 billionを記録され、IDR 572.28 billionの2020年第1四半期に比べ、増加した。 (NR/LK/ZH)