GIAA - PT. Garuda Indonesia (Persero) Tbk

Rp 364

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)はCOVID-19世界的流行の間に142機の既存の航空機の中に53機のみを運航出来る。それはGIAAの副社長会社秘書役、Mitra Piranti氏が2021年6月9日(水)に引用された情報開示に述べられた。

Piranti氏によると、当社は運輸省が検証された航空機の製造業者のメンテナンス書類によって、非運航の航空機のメンテナンスを未だに行っているそうである。39機はメンテナンス中であり、他の50機は接地される。

142機の航空機の中に136機はレンタル物である一方で、その残りは個人物である。その運航航空機種類はB 777-300、A 330-900、A 330-300、A 330-200、B 737-800、B 737-8 MAX、CRJ 100及びATR 72-600を含め、様々である。

Piranti氏が当社は現在、接地される航空機に関して賃貸人と交渉していると語った。「行われるアプローチはこのニューノーマル時代に航空機のニーズやサービス需要を考慮する再運航するか、それとも早期終了するかです。」とPiranti氏は説明した。 (NR/LK/ZH)