SCMA - PT. Surya Citra Media Tbk

Rp 244

-2 (-0,82%)

【ジャカルタ】SCTVの運営業者、PT Surya Citra Media Tbk (SCMA)は今年、設備投資の為、IDR 250 billionを割当てる。

SCMAの取締役社長、Sutanto Hartono氏がそのIDR 150 billionの設備投資は規則的ニーズの為、割当てられる一方で、その残りはアナログテレビからデジタルテレビの移入プロセスの為、使途されると語った。「その資金源は運営上資金によるものです。配当流通はありません。斯くて、当社のキャッシュフローは健全です。」とHartono氏は2021年6月9日(水)に公暴露から引用されたように、説明した。

Hartono氏によると、デジタルテレビに入る当社の戦略は非常に有望である。しかし、従来のテレビ役は当社の事業を左右している。デジタルに移入することによって、高解像伝送品質はより快適な視聴体験を実現させる為、公共の幸福感を見越すそうである。

デジタルテレビはそのコンテンツ分野に従事する幾つかの子会社の存在と一致すると顧慮される。その状態は当社の商務の収入を支援出来るよう、期待される。

当社はIDR 1.3 trillionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 1.4 trillion、7.6%伸びた収入を記録した。その利益は2021年第1四半期にIDR 349.07 billionを記録され、IDR 328.12 billionの2020年第1四半期に比べ、6.4%伸びた。 (NR/LK/ZH)