MCAS - PT. M Cash Integrasi Tbk

Rp 8.400

+525 (+6,00%)

【ジャカルタ】PT M Cash Integrasi Tbk (MCAS)の子会社、PT NFC Indonesia Tbk (NFCX)はPT Energi Selalu Baru (ESB)と言う合弁会社を設立することにより電動車輛事業に入る為、PT SiCepat Ekspres Indonesia (SiCepat)と連携する。

ESBは電動オートバイ配布やバッテリー交換や支援サービスに注力する。PT Digital Mediatama Maxima Tbk (DMMX)とPT Telefast Indonesia Tbk (TFAS)は商業やインフラや生態系支援を提要することによりESBの少数株を取る。ESBは電動車輛製造会社、PT Volta Indonesia Semesta (Volta)の少数株をも取る。

ESBはデジタルプラットフォームやモノのインターネット(IoT)技術によって強化されるがシームレス電動オートバイ配布やバッテリー交換を提供することによりインドネシアの電動車輛の使用の受諾と同化を向上する事を目指す。

Voltaの取締役、Willty Awan氏は「Voltaはインドネシアの電動車輛の採択を次の段階に齎らす為、NFCXやMCASグループの技術会社と連携する事が嬉しく思っております。MCASグループの技術能力や広範囲な連携相手ネットワークによって、我々は大量市場に電動車輛に対する意識や受諾やアクセシビリティを広漠に向上出来ると考えます。それによって、NFCXのデジタルプラットフォームが与えられる付加価値の便益で当社の顧客に優良なアフターサービスを齎らす来とが出来ます。」と説明した。

情報上、VoltaはESBの為、電動オートバイの主要な製作会社となり、NFCXは車輌登録・経営や支払いや報酬に関するデジタルプラットフォームを提供し、管理する。ESBはバッテリー交換ステーションを計画し、配備する為、SiCepatやTFASの物流やネットワーク能力を力点していく。そのバッテリー交換ネットワーク拡張はインドネシア中におけるDMMXの広漠な小売店舗ネットワークをも利用していく。 (NR/LM)