GIAA - PT. Garuda Indonesia (Persero) Tbk

Rp 222

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)は世界的流行の最中に運営上コストや債務を減らす戦略として一名の賃貸人に2機のB 737-800 NGを返した。現在、73機の同じ航空機を賃貸している。

GIAAの取締役社長、Irfan Setiaputra氏が満期になる前その賃貸航空機を返した事は賃貸期限を加速し、生産性を最適化する努力であると語った。「それはCOVID-19世界的流行の圧力をかけられる業績の最中に行われました。」とSetiaputra氏は2021年6月10日(木)に記者会見で確認した。

Setiaputra氏によると、その賃貸航空機をより早く返した事はその航空機の登録を変更するにより可能にされるそうである。現在、50機の航空機は接地され、他の39機はメンテナンス中である。

142全機数の中に53機のみを運航する。そして、136機は賃貸物であり、その残り6機は個人物である。運航される航空機の種類はB 777-300、A 330-900、A 330-300、A 330-200、B 737-800、B 737-8 MAX、CRJ 100及びATR 72-600を含め、様々である

現在、COVID-19世界的流行の為、下がった収入の最中に賃貸人から賃貸支払いの請求に直面している。そして、その施策は賃貸人との交渉や国有企業の連携相手に対する債務リストラや銀行ローンリストラを含め、ソルベン率を高く保つ事である。 (NR/LK/ZH)