HRUM - PT. Harum Energy Tbk

Rp 5.250

-75 (-1,43%)

【ジャカルタ】採鉱富豪、Kiki Barki氏が所有される会社、PT Harum Energy Tbk (HRUM)はIDR 100 billionの現金配当を流通する計画を発表した。その配当は2020年の純利益から取られる。

HRUMの公式声明によれば、流通されるその配当額は一株当たりIDR 39.58である。その全配当はUSD 59 million又は約IDR 873 billionの2020年の純利益の11.95%に等しい。

その計画は数日前、開催された定時株主総会の間に承認を得た。株主は留保利益としてその純利益のUSD 245.66 millionを割当てる事に実合意した。

通常市場と折衝市場におけるその配当付きは2021年6月16日に、現金市場におけるその配当付きは2021年6月18日に設定される。そして、その配当支払いは2021年7月9日に行われる。

idnfinancials.comのデータによると、HRUMの79.79%株はPT Karunia Bara Perkasaが支配される。その0.09%株はPT Bara Sejahtera Abadiが、その0.01%株はRay Antonio Gunara氏が、その13.55%株は公共投資家が所有され、その残り6.56%株は自己株式として記録される。 (NR/KR/ZH)