【ジャカルタ】シンガポールの格付機関、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは「安定」な見通しを持っているPT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE)の子会社、Global Prime Pte. Ltd.が発行されたグローバル債券に対して「Ba3」格付を授けた。

ムーディーズの副社長上級クレジット責任者、Jacintha Poh氏によると、この格付はインドネシアの最大の不動産会社としてBSDEの立場を考慮した後、与えられたそうである。「その会社は不動産産業に直面された多くの課題にもかかわらず、好調なマーケティング販売の記録をも見せます。」とPoh氏氏はidnfinancials.comが貰った公式声明に説明した。

ムーディーズがBSDEは2021年第1四半期にIDR 1.5 trillionのマーケティング販売を記録出来たと記録した。その数字は他社と一緒にBSDEが取り扱われる他のプロジェクトのマーケティング販売を含めていない。

その上、ムーディーズがBSDEは結構良い流動性を持っていると評価した。それは2021年第1四半期にIDR 12.5 trillionに及んだBSDEの現金及び現金同等物に反映される。

事業活動面において、BSDEは既存や次のクラスター住宅プロジェクトの売上を増やし続ける。近時、売却された幾つかの住宅クラスターはオード、ヴァーニャパーク、アズラスターライトであった。一方、今年、販売される新規プロジェクトはルミホウス(Lumihous)、住宅クラスターである。

「現在、我々が所有される予備プロジェクトや土地銀行は今後数年間以内にプロジェクト持続性を保証していきます。」とBSDEの取締役、Hermawan Wijaya氏は述べた。 (NR/KR/ZH)