GJTL - PT. Gajah Tunggal Tbk

Rp 780

0 (0%)

【ジャカルタ】タイヤ製造業者、PT Gajah Tunggal Tbk (GJTL)は2022年8月10日に満期する2017年グローバル債券を返済する為、USD 250 millionを割当てる。

PT Gajah Tunggal Tbk (GJTL)の取締役社長、Kisyuwono氏がその債券買い戻し公募は今週末(2021年6月18日)、行われると語った。「その債券は年毎に8.375%の金利を持っており、2017年に発行されました。」とKisyuwono氏は2021年6月14日(月)に引用された情報開示に述べた。

その企業行動に関して、ディーラーマネージャー協定はGajah TunggalとPT Filamendo Sakti、PT Prima Sentra Megah、Credit Suisse Singapore Ltd.及びシンガポール支社のDeutsche Bank AGが締結される。

Kisyuwono氏によると、その2017年グローバル債券を返済する計画は長期的にGJTLの事業活動を支援するつもりだそうである。

GJTLは近時、USD 250 millionの2017年グローバル債券を返済する為、USD 270 millionの2021年グローバル債券を発行した。2017年グローバル債券と2021年グローバル債券の間の差はUSD 20 million又はIDR 282.10 billionに及ぶ。結果として、GJTLの資産はIDR 17.86 million、0.48%伸びる。その負債はIDR 11.20 million、2.6%も伸びる。2021年グローバル債券の割前はIDR 6.85 trillionのその資産の55.55%に等しい。 (NR/LK/ZH)