LPKR - PT. Lippo Karawaci Tbk

Rp 84

+3 (+3,57%)

【ジャカルタ】PT Lippo Karawaci Tbk (LKPR)は2020年第1四半期にIDR 1.95 trillionの損失を記録した後、2021年第1四半期にIDR 268.72 billionの純利益を記録した。それは経営陣が行われた効率戦略の結果であり、昨年に比べ、営業利益を増加させた。

2021年6月15日(火)に公開された2021年第1四半期の財務報告から引用された疾うに、PT Lippo Karawaci Tbk (LKPR)の取締役社長、Ketut Budi Wijaya氏が当社は2021年第1四半期にIDR 3.40 trillionの収入を記録し、IDR 3.10 trillionの2020年第1四半期に比べ、増加したと語った。その最大の貢献者はIDR 2.55 trillionを貢献した不動産管理・サービスセグメントであった。そして、不動産発展セグメントはIDR 875.37 billionを、資金管理セグメントはIDR 15.62 billionを貢献した。

当社は2021年第1四半期にIDR 1.02 trillionの営業利益を記録出来、IDR 1.48 trillionの2020年第1四半期の営業損失に比べ、急上昇した。それは効率結果であった。斯くて、その他の経費は2021年第1四半期にIDR 340.42 billionを記録され、IDR 2.7 trillionの2020年第1四半期に比べ、低下した。そして、その外国為替損差はIDR 2.39 trillionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 210.56 billionに大幅に減少した。 (NR/LK/ZH)