MERK - PT. Merck Tbk

Rp 3.200

-20 (-0,63%)

【ジャカルタ】PT Merck Tbk (MERK)は2021年に330万ユーロ又はIDR 57 billionの設備投資を用意している。内部資金から取られたその設備投資は当社の工場業績を向上する為、使途される。

「では、その使途の目的は生産設備や自動化やデジタル化の近代化と活性化に注力する為です。将来的に、最大の課題は当社のサイトにデジタル化を通し、効率を増やす事です。」とBisnisから引用されたように、PT Merck Tbk (MERK)の工場担当重役、Arryo Aritrixso Wachjuwidajat氏は説明した。

情報上、昨年、当社の工場使用は77%に及び、その全生産は8億1800万錠を記録された。それは8億100万錠の生産目標を超えた。

2021年第1四半期に、当社はIDR 253 billionの収入を記録し、IDR 162 billionの2020年第1四半期に比べ、56%伸びた。その純利益はIDR 53 billion、51%も伸びた。 (NR/LM)