GIAA - PT. Garuda Indonesia (Persero) Tbk

Rp 364

-4 (-1,10%)

【ジャカルタ】PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)は2023年に満期するUSD 500 millionのグローバルスクークの利益共有の延期を発表した。

その遅延は不健全で衰耗したGIAAの財務状態が原因である。これまで、GIAAは健全な財務状態を立ち直るGIAAを手伝う責任を持っている金融コンサルタントとしてGuggenheim Securitiesを任じている。

「我々は我々が生成されたコンサルタントチームは良く行い、世界的流行の最中に堅固な資本化を所有する航空会社にさせる為、最高の構成を持っていると考えます。」とGIAAの取締役社長、Irfan Saputra氏はインドネシア証券取引所における情報開示に述べた。

そして、Guggenheim Securitiesは以前、GIAAが任じられた他のコンサルタントと協力する。それらはT Mandiri Sekuritas、Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLP及びAssegaf Hamzah & Partnersである。 (NR/KR/ZH)