ZINC - PT. Kapuas Prima Coal Tbk

Rp 129

-1 (-0,78%)

【ジャカルタ】PT Kapuas Prima Coal Tbk (ZINC)は2021年第1四半期に増した業績を記録した。2021年第1四半期末まで、IDR 228.4 billionの売上高を記録出来、IDR 166.7 billionの2020年第1四半期に比べ、36.9%伸びた。一方、その粗利益は2021年第1四半期にIDR 113.2 billion、124.5%伸び、その純所得はIDR 15.9 billionの2020年第1四半期に比べ、2021年第1四半期にIDR 64.6 billion、304.4%伸びた。

ZINCの独立取締役、Padli Noor氏がその実績は2020年末以降、実装されている生産能力の増加や2021年中旬まで続ける物価の増加傾向に対する対応であると語った。

「2021年第1四半期まで、ZINCは126,000トンの鉱石を生産し、80,000トンを記録された前年同期に比べ、57.5%伸びました。」とPadli氏は公式声明に述べた。

以前、当社は2021年にIDR1.2 trillionの売上高の目標を設定した。第1四半期に積極的な業績は生産能力を20%〜30%、564,000トン濃縮に増やす戦力につれて、年末まで、続けられると楽観的である。

情報上、ZINCは2021年に46,000トンの亜鉛精鉱と17,500トンの鉛精鉱の輸出クォータを得た。 (NR/LM)